• お問合せはこちら

最新情報

2016年2月20日
飲食業界etc
飲食店通いが重なる季節に備えて、マナーを再チェック
和食のマナーはご存じですか?これからの季節、和食の飲食店に訪れることも多くなると思いますが、基本マナーを知って・・・
2016年2月13日
移動販売車ビジネスの魅力
ケータリングカーの販売スタイルは時代のニーズにマッチしている
街でケータリングカーを見かけると誰でもつい気になってしまいます。カラフルなデザインの車を見ただけで何か美味しそ・・・
2016年2月6日
移動販売車とは
飲食店経営を成功させるにはオリジナル性を持つのが必要
飲食店を経営するとなると、飲食店で修行をしたり、料理を一から全部勉強する必要があると思いがちですが、実際にはそ・・・
2016年1月30日
移動販売車ビジネスの魅力
ケータリングカーによる移動販売を手伝った体験
少し前に仕事を退職して暇だったときに、毎日することもなく同じように暇そうな友人がいないかメールや電話をしていた・・・
2016年1月23日
移動販売車のメリット・デメリット
ドラマに出てくるケータリングカーのような移動販売をしてみたい
移動販売のお店はうちの近所だとスーパーの前でよく見かけることもあり、普通に家で食べる食料品はスーパーの店内で買・・・

飲食店通いが重なる季節に備えて、マナーを再チェック

和食のマナーはご存じですか?これからの季節、和食の飲食店に訪れることも多くなると思いますが、基本マナーを知っていないと、とんだ恥をかくことにもなりかねません。和食のマナーは洋食のマナーとは異なる点も多いので、これを機会に是非とも学習しておきましょう。

和食と洋食のテーブルマナーにおける最も大きな違いは、お皿や器の扱い方です。洋食マナーではお皿を手に持つことはNGですが、和食では大皿以外なら手に持って食べてることが推奨されています。お椀などのお料理なら、当然のことながら、器に口をつけて頂くことも良い場合があります。そんなの当たり前だよーと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、しっかりとした知識がないと、いざというときに困るもの。煮物椀のお出汁は器に口をつけて頂いて良いのかどうか分かりますか?お椀と違って、煮物椀の汁を飲むのはなんだか端ないことだと思われがちで、和食マナーを十分にご存知でない方は料亭や割烹などで煮物椀のお汁を残してしまう人も多いのだとか。しかし、和食マナーでは、煮物椀のお汁も器に口をつけて飲むことが許されているのです。どうですか?正しい作法をちゃんと知ってないと、案外迷ってしまうものではありませんか?料理人を腕を尽くした料理を余すところなく頂くためにも、正しい和食マナーはしっかりと身につけておきましょう。

それ以外にも注意したいのは、お箸の持ち方。お箸の扱い方にはたくさんのNGがあることは是非とも知っておいて下さい。お箸の使い方に育ちの良さが表れると言われるほどに、お箸は上手に扱えないと目立ってしまうものです。器の上にお箸を休ませることを渡し箸と云いますが、家庭なら許されてしまうようなことでも料亭や割烹といった和食の飲食店なら無作法にあたってしまいます。他にも涙箸やさぐり箸、迷い箸など、箸にまつわるたくさんのNGがあるので、これを機会にしっかりとおさらいしておいてください。

食べる作法が美しい人は一目置かれること間違いありません。飲食店通いが重なりがちな季節ですから、正しい作法を身につけて、大事な席に備えておきましょう。

ケータリングカーの販売スタイルは時代のニーズにマッチしている

街でケータリングカーを見かけると誰でもつい気になってしまいます。カラフルなデザインの車を見ただけで何か美味しそうな食べ物を期待してしまいます。今ではケータリングカーで販売する食品は、どの商品もスゴク美味しいという共通認識ができている気さえします。とてもおしゃれでトレンディで手ごろなお値段で気軽に食べられるので、人気や評判が高くなっているのです。

今や味に関しては普通の飲食店に全く引けを取らないし、むしろより魅力的なオリジナル商品がドンドン増えています。グルメな客や、通好みの客の舌にも十分に満足してもらえるレベルに達しているといえるでしょう。それというのも商品開発は専門の会社のプロが担当しているので、食べ物の美味しさや流行の売れ筋商品の見極めなど、どれを取ってもハイレベルで確かなクオリティの商品ばかりです。

個人の飲食店でこれだけの商品を開発しようとすると大変な手間やコストがかかります。でもケータリングカーの場合は、短時間で商品を準備して販売することが簡単にできます。また個人の飲食店の場合は、そのお店が美味しいという評判を獲得するまでには、地道な努力と長い実績が必要です。でもケータリングカーの場合は、初めから既に美味しい商品を販売する車というイメージが確立しています。なので評判を得るのに何の努力も要りません。

移動販売というスタイルは今後将来的にも、益々有利になっていく傾向にあるといえるでしょう。それは時代のニーズによくマッチングしているからです。機動性が極めて高くて、短時間で何処へでも移動して販売できます。固定店舗と比較してランニングコストが圧倒的に安いのも大きなメリットです。とにかく無駄がなくて効率的です。費用対効果がバツグンに高くて、先進的な21世紀型の販売システムといっても過言ではないでしょう。

これからの食のビジネスは、高度な情報力なくして勝ち抜いていくことはまず無理でしょう。コンサルタント会社などのバックアップの元で営業できるケータリングカーは、その恩恵をフルに活用することができるといえます。

飲食店経営を成功させるにはオリジナル性を持つのが必要

飲食店を経営するとなると、飲食店で修行をしたり、料理を一から全部勉強する必要があると思いがちですが、実際にはそのような経験がなくとも飲食店を経営することはできます。もちろんシェフや料理長として店に携わりたいと思っている人は別ですが、基本的には開業する資金と経営する店のプランが整っていれば誰にでも経営をすることはできます。ただ、一つだけ注意したいのは、自分がやろうとしている店の形態や味が他と被っていないかどうかという点です。要は、オリジナル性があるのかどうかということです。

例えば、クレープ屋さんを思い浮かべてください。クレープ屋さんは日本全国各地にありますが、基本的にはどこも同じような形をしています。その中で経営が継続できているお店というのは、どんなお店でしょうか。味に差異があるお店は当然生き残ります。あとは、出店地域を徹底的にリサーチしているお店というのも生き残ります。要は競合他社がいない地域をうまく選んで出店しているということです。これらのことができないクレープ屋さんは、短い期間で閉店せざるをえない状況に追い込まれます。

物やアイデアが溢れている現代でオリジナル性を探すのはとても難しいことですが、上記のことを徹底できるかできないかで運命は変わると言っても過言ではありません。なんとなく飲食店を経営したいという思いがあったから、というプランでは必ずと言っていいほど成功することはありません。とはいえ、成功するという意味は人によって異なるので、小さくとも生活をできる範囲で商売ができれば良いと考えているのであれば、上記にようなことにこだわらなくとも、経営はしていける可能性はあります。しかし、出店した1号店だけでなく、利益を出し、経営の規模を拡大していきたい、稼ぎたいという願望を持っている人にとっては、オリジナル性という言葉が重要になります。
万が一新しいお店を出したいと思うのであれば、いかに自分の店がオリジナルであるかにこだわる必要があるのです。

ケータリングカーによる移動販売を手伝った体験

少し前に仕事を退職して暇だったときに、毎日することもなく同じように暇そうな友人がいないかメールや電話をしていたときがあって、そんな私を見かねてか一人の友人にそんな余裕があるなら飲食店の手伝いをしてくれないかと誘われたことがありました。話を聞いて私は興味を持ってOKの返事をし、それから次の就職先が決まるまで手伝いをしてしましたが、これが普通のお店ならきっと誘いを断っていたと思います。

私がなぜ友人の仕事の話に乗ったかというとケータリングカーで食べ物を売って商売するという業務形態が気になったからで、初めは聞きなれない単語に頭の中でハテナマークが出てきたものの、さらによく話を聞くとキッチンカーとも言い換えられる、要は移動販売の仕事だったのです。

友人が飲食業に携わっていたのは知っていたけれどまさか独立してそんな商売を始めていたとは知らず驚いたのと、イベント施設の外や大きな広場でよく見かけるあのオシャレな車で食べ物を売っている仕事がスタイリッシュでかっこいいと思い、自分でも売る側を体験しておきたいと前々から考えていたのでラッキーでした。

友人はレンタルでケータリングカーを借りて販売を行う感じで、自分専用の車を持つのは商売が軌道に乗ってから考えると言っていました。そういう理由なのか、私が思い描いていたほどの派手な装飾はなく地味なワゴンといった風貌の車でしたが、食べ物を売るための機能としては基本的なものは完備されていて、当たり前だけど本格的だという印象を受けました。

実際に手伝った感じではとても新鮮な体験ができて、初めてやった接客業は楽しさでいっぱいだったことが良い思い出になっています。客として利用していたときには気づかなかった、意外とお客さんが途切れず忙しいという大変さはあったけれど、そのぶんデスクワークばかりしていて運動不足だった私にはダイエットにもなったのです。売り上げも好調だったみたいで今も友人はケータリングカーで移動販売をしているようだから、早く自分の車を持てるようになってほしいです。

ドラマに出てくるケータリングカーのような移動販売をしてみたい

移動販売のお店はうちの近所だとスーパーの前でよく見かけることもあり、普通に家で食べる食料品はスーパーの店内で買ってちょっとしたおやつという感覚でパンを買うのは移動販売という感じで使い分けています。味としてはパン屋の品質と並ぶかどうか判断が難しいという微妙なところだけれど、普通に買うよりは安く買えるからこちらのほうがお得なのです。いつも買うのはメロンパンで、焼きたてではなくてもふっくらしていて食感が最高だからコストパフォーマンスにうるさい人でも納得だと思います。

これだけのものを提供できるのになぜ場所を固定せずケータリングカーで商売しているのか気になってあるとき店の人に聞いてみたところ、売っているのはパン以外にも様々でイベントに合わせてカレーやアイスなども扱っていると答えてくれました。そういえば朝から夜までずっとケータリングカーが止まっていることはなかった気がしますし、きっと一日のうちでも各地を転々とまわっているのかもしれません。そんな世間話をしたことで移動販売がもっと身近になったという印象を受けたのです。

だから私もそういう商売に興味を持ってネットで調べてみたのですが、口コミをみるとなかなか楽しそうで自分でもやってみたいという思いが自然に溢れ出てきました。ケータリングカーの調達や保険など商売をスタートするときにすることは多そうだけれど、車はレンタルで使うこともできるみたいですし一般的な飲食店をやろうとするより遥かに敷居が高くなく、脱サラしてすぐ始める人もいるそうです。ケータリングカーは流行のドラマなどでも若者が集まる街によく登場する必須の描写だと前々から思っていたこともあり、飲食業をやるならそんなドラマみたいな世界に浸るために移動販売をしたいです。

そして、そんな世界観に合うものといえばやっぱりクレープなんじゃないでしょうか。私だったら歩いていてクレープ屋があったら絶対立ち寄りたいと思うので、いろいろなフルーツの組み合わせを考えて売り出したいです。

ケータリングカーとい仕事に対する積極的な見方

いろいろな商売があるのですが、朝から夕方あるいは夜まで会社勤めをしてずっとオフィスワークをし続けることは自分には合わないと感じている人は多いかもしれません。満員電車に揺られるのが苦痛であるということもあるでしょう。会社組織の中での窮屈さを感じてしまい、なにか自分でできる仕事はないものだろうかと考え始めていくのです。特別な資格がなくてもできるもの、それがケータリングカーというものかもしれません。たこ焼きやお好み焼き、ケバブなど、おいしいけど家ではなかなか作る機会がないものというのは外で売れやすく人気になりやすいものです。

しかもそういったものであれば少し教育を受けて調理の仕方を覚えればすぐにできるのであり、特別な資格や経験を必要とするものではないのです。後はこの仕事をするやる気があるのかどうかということだけなのです。このやる気が一番大切で中途半端な気持ちでは途中で投げ出してしまうかもしれません。そうならないようなやる気、どうしてこの仕事をやりたいのかという動機を自己吟味してみるのがよいかもしれません。他に仕事を探してもなかったので仕方なくこの仕事を考えたというのでは、挫折してしまうかもしれません。この仕事のメリットとなるものをいつも考えてポジティブに見ていきたいものです。

とはいえ初めはケータリングカーという仕事には気が進まなかったものの、調べていくうちに興味がにわかに湧いてきて、やる気になるということもありますので、きっかけはどんなものであってもよいのであり、最終的に自分がこれをやりたいという願いを強めるものがあるかどうかにかかっています。お金があまりない状況でスタートするとなると融資を受ける必要もあるかもしれませんので、勝負になります。そうしたことを考えるとふとしたときにネガティブになりやすく、やっぱり雇われ社員でもいいかという気持ちになり揺らぐことがあります。ケータリングカーはいい仕事ですので誇りを持てるかどうかも大切です。

ケータリングカーの思い出

ちょっとした都会の街角でもケータリングカーでの移動販売を見ることが珍しくなくなりました。ファーストフードのような簡単なフードからケータリングカーでこんな料理もすることができるのかとびっくりするようなフードまであるようです。自動車で移動販売ができるというメリットはちょっとした駐車場所があればどこにでも出店できるということでしょう。

私たちの幼いころではケータリングカーというような名称はありませんでしたが、ちょっとした観光地や縁日のような露店が立ち並ぶような場所の一番端の方にいつもホットドックのケータリングカーが陣取っていたのを思い出します。ほとんどは同じ塗装をしていて、遠くから見てもすぐにその車はホットドックのケータリングカーであるとわかるくらいの特徴はありました。大抵はケータリングカーの後ろのドアーを上にあげて、中で若いお兄さんが販売するという形であったと思います。

長い目のコッペパンを上から切れ目を入れてその切れ目にウインナーとカレー味のキャベツを入れてそれをレンジなどで温めてあるような単純極まりないようなフードではありましたが、それがまたおいしく感じて、かなりの頻度で購入して食べたものでした。特に冬場の寒い時にアツアツのホットドックのおいしく感じることは尋常ではなく、そのアツアツの幸せと共に片隅にあったホットドックのケータリングカーは強く印象に残っています。本当にどこにでもあったのがホットドックのケータリングカーでした。

しかしどこにでも、出張していたホットドックのケータリングカーですが、最近は見なくなってきたような気がします。実はやはり昔と同じくらい移動販売をしているのに、私が見かけないと思っているだけなのか、本当に少なくなってきているのはわかりませんが、私の感覚としてはホットドックのケータリングカーはホットドックではなく他のフードの販売に移っていしまったのではないかと思います。

駅前販売で馴染みあるケータリングカー

ケータリングカーとは、仕出し料理を提供すると思っている人もいるかもしれませんが、全般的には移動販売車も含まれます。例えば、焼き芋の販売でもケータリングカーに含まれますから、広い意味では車に乗せて販売して回るものと考えればよいでしょう。日本の経済状況がとても悪かった頃には、よくケータリングカーが移動をしながら販売していました。

ケータリングカーの場合、販売を主業としている人にはコストの削減という観点において、かなりのメリットがあります。通行のマーケティングなど、素人にはわからないことがあるまま店舗をもってしまうことで、お客を誘導できないことから閉店に追い込まれることは少なくありません。誰でも人通りの多い場所で店舗を持ちたいですが、これは家賃の面から相当に難しいことです。それが、ケータリングカーという手段で移動をしながら販売できるのですから、不況ほどケータリングカーに頼って販売を続けることになるのです。

ケータリングカーには、店舗で販売していた商品の一部を乗せて売りに出る場合があります。ケータリングカーには商品の保冷をしっかりできれば問題ない場合、ケータリングカーに常備される保冷設備だけでよいのです。初期投資も安く済み、一時的な販売やテスト販売の場合はレンタルすればよいので、どの販売店もケータリングカーを借りて売っているのです。

週末の駅前にケータリングカーを停め、格安で販売しているところをよく見ますが、次の週にも同じ場所に停めて販売しているかといえば、そうでもありません。もう次の週には別の駅前に移動しています。買ってくれるお客は限られていますから、売れたら当分は同じ場所で買ってもらえないと判断し、次の駅前に移動していることもあります。買ってみようかと迷ってやめたのに、二度とあの移動販売車に会えないという経験をした人もいるかもしれません。その場合は、すでに他の駅前や別の場所での販売をしていることが多いのです。

老後にケータリングカーを開業をするメリット

老後のお仕事で今注目され始めているのがケータリングカーを使った移動販売です。
老後に飲食店のお店を持とうとしてお金をためていた人が最近のこの移動販売というお仕事の良さに着目して人気が出ています。

店舗型のお店よりもケータリングカーの移動販売をするメリットをまとめてみました。

■準備資金を3分の1以下に抑えられる
飲食店の開業には居抜きの店舗で改装する場合で400万円~500万円かかると言われます。
スケルトン(1から作る)店舗では1000万円以上です。
老後にお店を開業する人はそれまでためた資金でお店を開こうとする人たちが多いので「もし失敗しても貯めたお金が無くなるだけだから」と思う人も多くいました。
でも出来れば失敗せずにずっと続けたいですよね。
ここで注目されたのが準備資金が少なくて済むケータリングカーです。
ケータリングカーは軽自動車の大きさなら新車でも150万円~200万円程度、中古なら100万円以内に抑えられます。
準備資金を抑えられればその分、いろんな所にお金をかけられるので経営を順調に始めることが出来ます。

■レンタルでも営業が出来る
移動販売のもう1つ大きなメリットとしてキッチンカーをレンタルして営業が出来るということです。
キッチンカーは屋台などでも多く利用されているので短期間のレンタルにも需要があります。
これは老後に営業を始めてみようとしている人にも大きなメリットになります。
いきなり店舗を構えたりするとお金がかかりますし、お店を開業する負担と経営を始める負担とで大きなリスクになってしまいます。
キッチンカーをレンタルして始められるということは、飲食店を少しだけ経験するということも出来るので今後の開業に向けて非常に参考になります。
これも店舗型には無い移動販売の大きなメリットといえるでしょう。

いかがでしょうか。
こういった点が飲食店の開業で移動販売が注目されている理由です。
飲食店の開業をするときの1つの選択肢としてぜひ検討してみてください。

ケータリングカーにお金がかからないさまざまな理由

 一般的にお金がかからないといわれているケータリングカーですが、それは水道光熱費などを例にとってみてもわかります。店舗で飲食店を営むならば、水道光熱費はどうしても継続的にかかってしまいます。お客がいる間はずっと使いっ放しになることになりますし、その量は半端ではなく多くなってしまいます。そのため、一般家庭とは比べ物にならないくらいの水道光熱費がかかりますので、その分のコストをいかにして少なく抑えられるかが重要になってきます。

 その点、ケータリングカーならば水道光熱費はほとんどかからないです。もともと提供できる商品に限りがあるということもありますが、営業している時間でお客がきたときだけ稼働をすれば良いだけですから、かなりスポット的に水道光熱費を使うことになります。しかし、そうすることによってそれらにかかってしまう代金を必要最低限におさえられますから、コストについてあまり頭を悩ませる必要はなくなります。

 また、手に持って気軽に食べられるようなメニューを提供するようなら、特に座席等食べる場所を用意する必要もありません。手に持って食べられるたとえばクレープやアイスクリームなら歩きながらでも十分食べられますし、最低限立っていられる場所さえあれば何とかなります。

 これがもしも店舗の飲食店だったら座れるスペースを確保しなければなりませんので、その分のお金がどうしてもかかってしまうのです。

 こうして分析してみると、ケータリングカーはお金がかからないという理由がそこにあります。これらのコストを削減できればできただけ利益へと還元しやすくなるわけですし、その効果はとても大きいです。だからといってケータリングカーにおける商品の販売が必ずしも上手くいくと100%決まっているわけではないのですが、それなら上手くいきやすいのは誰の目にも明らかなことで、だからこそケータリングカーによる商品の販売を始める人が最近はとても増えているのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ